TOP > カメヤマキャンドルハウスのパートナー紹介

カメヤマキャンドルハウスのパートナー紹介 Introduction of Business partner

カメヤマキャンドルハウス事業部のビジネスパートナーを紹介いたします。

1985年にアメリカにて設立。学生向けにスタイリッシュな日用雑貨、文房具をデザインし、大学構内の生協や書店で販売したのが始まりです。創業以来、掲げているコンセプトは「We make things interesting!」。
「面白いもの作り」と「生活を楽しくする」というコンセプトのもと、今までにMesh、GelGemsなど空前の大ヒット商品を生み出してきました。
そのほか家庭やオフィスで使われる様々なアイテムの企画・製造・販売をおこない、そのアイテム数は1,500以上にのぼります。取引先も「ターゲット」から「クレート&バレル」までと幅広く、このことは、どんな価格帯にも合わせられるデザイン力と企画力があることを示しているといえます。

ヤンキーキャンドルは1969年にアロマキャンドルの生産を開始し、以後、アロマキャンドルのみならず、フレグランスの分野のパイオニアとして30余年の歴史を刻んできました。
製造技術、品質保持、商品開発などに努力を惜しまず、マーケットリサーチに力を入れて常にユーザーのニーズを研究するなど、キャンドル市場では最大のシェアを誇る世界のベストブランドとしての地位を確立。香りの分野でも、独自開発による香料を、他の追随を許さない品質に高め、ホームケアのみならずパーソナルケアにも対応する様々なフレグランス商品を揃えています。

熱狂的なファンを獲得している香りの秘密は、他社比較3倍の高級アロマオイル!

ヤンキーキャンドルのアロマキャンドルは、一度買うと再度購入したくなるという、非常にリピート率が高いアイテム。その秘密はなんといっても香りにあります。
高級アロマオイルを他社比較で3倍使用し、世界最高の技術で作られているので、キャンドルとは思えないほどの、リアルな香りを実現しています。フルーツや花、デザートの香りなど、多くの人の香りの好みに対応するだけのバリエーションが豊富な点も人気の秘密です。また、様々なイメージを思い起こさせるような、「ミッドサマーズナイト」「マッキントッシュ」などのネーミングの付け方にも注目です。

全米でもっともリオーダーが多いギフトアイテム

「高品質で高級なアロマキャンドル」という、世界中で認識されたブランドイメージにより、アメリカの業界紙の市場調査では9年連続で「売れる商品ラインNo.1」、「最も再注文が多いギフトアイテム」に選ばれました。

PAGE UP

Dynamic Window S.A.(ダイナミックウィンドウ社)

  

発売以来大人気のGelGems(ジェルジェム)の開発、製造をしているアルゼンチンの会社。 GelGems(ジェルジェム)の生みの親は社長でもある化学者アルフレッド氏(写真)。妻のアイリーンがケーキの飾りとして作ったゼリーを彼がふざけて窓にくっつけたのが始まり。キラキラと輝くゼリーを見て、子どもたちが楽しく安全に遊べるようにと研究をスタートしました。
大人から子どもまで安心してディスプレイを楽しんで欲しいという想いから、安全性も重視。世界中で愛されているGelGems(ジェルジェム)です。

GelGems デコレーション

ゲーム感覚で、GelGemsディスプレイを自由にシミュレーションできるページを紹介。

  1. 1. 最初に2種類の窓からどちらかを選んでください。
  2. 2. 「Select a GelGems Assortment」の部分でGelGemsのジャンルを選びます。
  3. 3. 選んだジャンルのGelGemsが表示されるので、窓にドラッグして移動します。
  4. 4. 窓に貼ったGesGemsは画面上部にある「Rotate GelGems」とあるダイヤルで回転させることができます。
  5. 5. 貼ったGelGemsを剥がすときには画面上部のゴミ箱に。
GelGemsデコレーションサイトへ
動作環境
Winows:
Internet Explorer 5.x 以上、Netscape 4.x 以上
Macintosh:
Safari、Netscape 7.x 以上

※ブロードバンド回線でのご利用を推奨いたします。

PAGE UP

フランス発のポアン・ア・ラ・リーニュは、1968年、当時のボルドー美術大学に所属していた2人の女学生がパラフィンを何気なく彫ってみたのが始まりでした。彫ったパラフィンは可愛らしい形のキャンドルに見え、それを商品化してみようと2人は試みポアン・ア・ラ・リーニュが誕生しました。
第一の工場はボルドー近郊の町、グラディニアンに設立されますが、後、高質のボルドーワインの産地として知られるペッサックの界隈に移され、今でもそこで蝋燭の製造は続けられています。
1983年には、パリ16区の高級繁華街ヴィクトル・ユーゴー通りに路面店を開き、次第に世界各国に販売網を広げ現在ではギャラリーラファイエット、プランタン、ポンマルシェなど海外の有名百貨店でも販売されています。
ポアン・ア・ラ・リーニュは「暮らしの中の光」をコンセプトに家の中や毎日を豊かに彩るキャンドルの提供を心掛けており、ポアンの高質キャンドルは他にはない独自の作り方により製造され、皆様にいつでもどこでも光を届けるように商品開発を続けています。

PAGE UP

1990年、アメリカ・ヴァージニア州リンチバーグで設立。“fragrance never sounded so good”をコンセプトに、最先端の高品質フレグランス製品を開発し続ける同社の製品WoodWickは、木で出来た有機芯からエッセンシャルオイル入り香料、独自の天然ブレンドワックスまで原料の純度にこだわっています。

―Wood Wickジャー―
芯が特殊加工された自然木で火を点すとパチパチ音がするキャンドル。

高級なブレンドワックスと丁寧に調合された香料で作られ、業界でも屈指の香りと燃焼時間を誇ります。暖炉やたき火のような、パチパチとした心地良い音のするアロマキャンドルです。「癒しの灯り」、「高品質な香り」「パチパチ音」のハーモニーをお楽しみいただけます。【特許申請中】

―WoodWickスピルプルーフ―
倒れてもこぼれない。お部屋を汚さない。リード無しのディフューザー。

Wood Wickのディフューザー スピルプルーフの『ブロック・キャップ』は、リード(葦)と同じく芳香の効果があるだけではなく、たとえ容器を倒してしまったとしてもオイルがこぼれないように工夫されています。 さらに、サイズ調整された『ブロックキャップ』は容器が倒れた際に平らな床には触れないように工夫されているため、オイルがしみ込んだ木製キャップで家具を汚してしまうこともありません。 また、製品の美しさを追求したガラスボトルは上品なデザイナーズフレグランスボトルのようなデザインに仕上げており、インテリア性も高いアイテムです。【特許出願中】

PAGE UP

フロリダからの贈り物!自然が生み出すパーソナルスキンケア

~その優しさが肌から染み通る心地よさ~

ネープルズソープは、米国フロリダ州の看護士であるディアナ・レンダが、自身と娘の慢性的な皮膚炎の症状を軽くする為に、純度の高い成分を配合し、肌を健やかに保つ、パーソナルスキンケア商品を作りました。
自然に優しく、環境保護資源を使用し、動物実験は行っていません。
いかなる人工的な泡立ち剤や凝固剤、強い科学物質も含まず、見た目のステキさやアロマの香りだけでなく、ハンドメイドでとてもリッチ。
肌のために本物の素材のみ使っています。
フロリダのリッツカールトン、ハイアットリージェンシーリゾート&スパなどでも取り扱われている、本物の素材を贅沢に使った商品です。

PAGE UP

Saigon River Company Ltd(サイゴンリバー社)

1997年、ベトナムにて、社長でありフラワーデザイナーである、ベルギー人のピーター・アーツにより設立。 オリジナル素材の開発、ベトナムならではの素材や色彩感覚とヨーロッパのデザイン感覚を融合したアイテムは、ヨーロッパはもちろん、アメリカ、アジアの各国で人気を博しています。また、フローリストならではのデザイン感覚で生み出された燭台は、キャンドルホルダーとしても、フラワーベースとしても使用できる秀逸品ばかり。ヨーロッパのトレンドを引っ張る、インテリアアイテムとして、雑誌誌面をにぎわしていることでも有名です。

PAGE UP

New City Arts Co., Ltd(ニューシティー社)

  

社長ジャニスにより、中国に1993年に創設。主な取引アイテムは「SONA」です。
「SONA」の組み立てシステムはニューシティー社のオリジナルシステムで、特許も取得。オリジナルアイディアと、メーカーとしての厳しい品質管理の両面から「モノづくり」をしています。日本で取引きがあるのはカメヤマキャンドルハウスのみです。

PAGE UP